FC2ブログ
しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローリングストーンズ(その1)
照明が落ち、ステージを照らす一本の光線の先にミックジャガー、

いきなり「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」だ。

4月5日、ローリングストーンズの名古屋初公演にナゴヤドームを

埋めた3万人のひとりとしてスタンドにいた。



鳥肌が立つと同時に、皆総立ちだ。前座のリッチー・コッツェンバンドの

「機動戦士ガンダム」の歌も織り交ぜた実力派ステージの余韻は

「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」の一曲ですっ飛んだ。

ナゴヤドームに漂う空気は一変した。



ストーンズを聴き始めたのは沼津高専の寮にいた頃、もう30余年も前の

ことだ。隣室の住人、ロックきちのボイラー製造業の3代目Mとの出会い

からになる。今で言うエアギターを畳ベッドの上でプレイする。

ディープ・パープルのリッチ・ブラックモア、ツェッペリンの

ジミー・ページそしてストーンズのキース・リチャードまで何でもござれ、

なにせ音はカセットレコーダーから流れてくるのだから間違いはない。

エレキギターは確かに持っていたようだが実際の音は聞いたことがなかった。



当時、ストーンズは麻薬のことで、来日を果たすことはできなかった。

生涯実物を見ることはないだろうなと思っていたミックジャガーが、

遥か先のステージで軽やかに跳ねて歌っている。

御歳すでに62歳、他のメンバーも似たようなもんだ。明らかに鍛えて

いる締まった体から、伸び上ってくるボーカルに鳥肌は立ちっぱなしだった。



1万8千円のチケットを手に入れるのに少々勇気が要ったが、私が中学3年の時

に来日したトムジョーンズのチケットが3万円という、当時のサラリーマンの

月給に近い額に比べれば安いもんである。

でも3万円出せばアリーナの中に入れた、ここをケチったばかりに目の前には

野球のネットが、、、ああ。どのみち大型スクリーンを見るのだから、もっと

安い外野席ぐらいで会場を俯瞰できる席のほうがよかったと悔やんだが、

時すでに遅し、「Time waits for noone」というストーンズのナンバーが頭をよぎった。

(つづく)

溝口久
しずおかグリーンツーリズム研究所主任研究員
浜名湖えんため顧問
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
伊藤美咲の初カラミ 
中林君とはどうなるのか?
↓  ↓  ↓  ↓
http://bigsio.jp/~495
2006/10/27(金) 11:36:19 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。