FC2ブログ
しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロックフィールド「元気の木保育室 開設記念フォーラム」その1
(株)ロックフィールドから「元気の木保育室 開設記念フォーラム」の案内が来た。

ロックフィールド??と思われる方も多いだろうが、デパ地下にあるRF1、神戸コロッケを作っている会社、ヨーロピアンデリカッテッセン、日本語なら欧州総菜というと言うとこだろう。


現在、全国百貨店に320店舗を持つ。ちなみに静岡では松坂屋に、浜松では遠鉄百貨店にある。社長岩田弘三氏と懇意にさせてもらっている。氏が創業した(株)ロックフィールドは東証一部上場企業に、神戸商工会議所副会頭も務める。

以前日経新聞に紹介されていたコラムではそこそこの年齢になってから始めたゴルフが一年間でシングルプレイヤーに、現在65歳の青春真っ只中。


 岩田さんとの出会いは、豊岡村出向、湯布院出向から戻って間もなくの頃に遡る。
 この村、今は磐田市と合併してしまったが、浜松・磐田に近いこともあって大規模
 工場の立地が多い。浜松フォトニクスのメイン工場もここある。この村に縁あってロックフィールドの工場が進出してきた。設計は安藤忠雄。お客の動線が長い、円弧を描いたその長い廊下は床から天井までガラスであり、入り口扉までに現れ
 る風景の変化が楽しい、この長さが期待感を高めさせる。工場内は頼めば見学させてくれる。

 帽子に靴カバーを着用し、中に入る。食品工場だから衛生管理は徹底している。
 見学動線は製造エリアに入ることはなく、ガラス越しに見下ろすようになっている。
  1階から2階に相当幅の広い階段を上がると、青々とした芝生広場が広がる。
 安藤流のドラマチックな場面の展開にハッと息を呑む。その芝生広場に面して社員食堂がある。神戸の新工場もそうだが、社員食堂を最もいい場所に配している。

 食堂では新商品サラダの試食をさせていただけるのが嬉しい。
 手元に「サラダなら、まかせなさい!」~スーパーシェフ12人の人気レシピ集がある。
 ロックフィールドが企画し実際に店頭に並んだものだ。この企画でサラダの世界は大きく変わったと書かれている。一度このレシピを横目にチャレンジしよう。
 使うサラダボールは安藤忠雄デザインのものをね(ガラス製、RC打ちっ放しではないよ)。

※写真はロックフィールド静岡ファクトリーと岩田弘三社長
DSC06124.jpg

DSC01169.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。