FC2ブログ
しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寸又峡温泉(その3) 「南アルプス南部関連図書」のご寄付のお願い
その寸又峡温泉がまたまた新たな試みを始めます。

「寸又峡温泉に南アルプス山岳図書館」を設けるというのです。

ついては皆様方に「南アルプス南部関連図書のご寄付」をお願いしたい、

以下がその趣旨です。        



***南アルプスは静岡・山梨・長野の3県にまたがる大山脈で、3000m級

の名峰が連なっています。その麓に位置する寸又峡は“美女づくりの湯

“日本一清楚な温泉保養地”として親しまれ、数年後には開湯半世紀を

迎えることになります。



暮らしや寸又峡温泉を今日まで育んでくれた南アルプスの大自然にさらなる

感謝の気持ちを込めて、南アルプス南部の山・川・民俗等の図書と関連資料

を収集・展示・貸出を行う「南アルプス山岳図書館」建設を奥大井を愛する

有志が発起人となり企画しています。



2006年度中に図書館構想をとりまとめ、2008年建設・公開することを目標に

準備を進めていきます。そこで、図書(関連資料を含む)のご寄付を皆様に

お願いしたいのです。

世界遺産に匹敵する自然環境と評価される奥大井・南アルプスの環境保全と、

その姿を正しく後世に伝えるための活動とご理解頂き、ご協力を重ねてお願い

申し上げます。



図書館建設場所となる寸又峡とその周辺部は現在、温泉客・峡谷探勝客を

中心に年間約30万人の方にご利用頂いております。最近では、ハイキング・

ウォーキング・登山そしてエコツーリズムの基地としても注目度が増してきています。



この地に、南アルプスの文献と出会うことの出来る“図書資料館”を作り上げ環境

の保全と親しみと節度をもった利用の促進を図ってゆきたいと強く切望しています。

皆様の絶大なるご支援をお待ち申し上げております。

                                  平成18年4月***



発起人には、望月孝之さん(川根本町まちづくり観光協会長・川根地域

まるごと博物郷推進協議会長)、杉山嘉英さん(川根本町長)、

北島享さん(川根町助役・日本エコミュージアム研究会員)

他5名の方が名を連ねています。

本をお譲りいただける方は、下記までご連絡をお願い申し上げます。



〔お問合せ・ご送付先〕 川根本町まちづくり観光協会

 〒428-0411 静岡県榛原郡川根本町千頭1216-21

   TEL 0547-59-2746  fax 0547-59-2748 webmaster(アットマーク)okuooi.gr.jp

 小さな温泉郷の新たな挑戦です。



寸又峡3

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。