FC2ブログ
しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五條市「かげろう座」5.29
000000169.jpg

 蕎麦打ちの師匠の松本さんが書かれた文です。

私は2年前に五條市にことを書いたので、今回はお休みです。
メダカと文中に出てくるのは、「メダカの学校」新聞に掲載する
原稿だからです。「メダカの学校」は3の倍数月の第1金曜日18時から
開校する異業種・異地域・異世代交流会のことです。もう12年間
続いています。



(なんでもあり農園小作人の松本芳弘著)

五月の末に、深谷、中川、溝口メダカに、武史メダカ御夫妻と、
奈良県五條市に行って来た。武史メダカ以外は、一昨年の「かげ
ろう座」以来、二度目である。武史メダカは、今年二月に開かれ
た「全国地域づくり団体研修交流会イン奈良県五条市」ではじめ
て五條市を訪れているが、「どうしても「かげろう座」のときに
もう一度訪ねたい。」と、お誘いがあった。「どうせ行くなら・
・・」と、例によっていつものメンバーで蕎麦打ち道具一式を積
み込んでの遠足となったのである。


 「かげろう座」とは、五條市で一年に一日だけ開かれる大フリ
ーマーケット大会のことである。五條市は、伊勢街道・西熊野街
道・紀州街道などの五つの街道が交差し、かつては吉野川を行き
交う水運の中継地としても栄えた交易の町である。その古い町並
みが残る街道いっぱいに、平成五年から毎年開かれ、年々盛大に
なってきている。今年は約四八〇店が出店し、五万人以上が訪れ
ている。

 その名前の由来である「かげろう」(蜻蛉)は昆虫の仲間で、
成虫の寿命は数時間から長くても一週間で、短命で「はかないも
の」の例えにされている。「陽炎」(かげろう)のゆらめきを思わ
せる飛び方をするところからその名が付いたといわれている。
「かげろう」には、「五條蜻蛉」と名付けられ五條市の吉野川近
辺にしか生息しない種類がいるそうである。こうした「かげろう」
のように一年に一度、一日だけ開かれるこの催しも、「かげろう
座」と呼ばれている。また、「かげろう」は、トンボの古名
「蜻蛉」でもあり、常に前向きに飛び、「かげろう」は、「陽炎」
でもあり、大気や地面が熱せられて起こる現象で、常に前向きの
姿勢で熱い心をもって取り組んでいくという心意気も、その名前
に込められているようである。

 その「かげろう座」を運営している五條市の元気集団「新町塾」
の皆さんと、スタッフだけの前夜祭として、古い町並みの真ん中
の古い町屋を再生した「まちなみ伝承館」で蕎麦を肴に交流会は
開いた。翌日に大イベントを控えながら、二次会まで付き合って
くれて、お開きになったのは、十一時過ぎであった。


翌日は、お目当ての「かげろう座」見物をたっぷりとして来た。
「新町塾」など五條地域のまちづくりで活躍されている林業家の
櫻本さんや歯科医の釜田さんがフリーマーケットを案内してくれ
た。医者の御主人が開業のため奈良市に引っ越された大沼さんは、
医院のスタッフとともに泊りがけで来て、付き合ってくれた。


昼頃になると、人込みをかき分けながら前に進むといった状態の
中で、骨董屋に足を止めて値踏みをしたり、古道具屋では子供の
頃の暮らしを思い出したりしながら歩いた。途中では、巧みな口
上に乗せられて「唐辛子」を買ったり、いくつかの街角コンサー
トに耳を傾けた。

こうして、五條市の皆さんと気の置けない6匹のメダカのお陰で、
単なる観光旅行では味わえない旅の面白さを、わずか一日だけの
「かげろう座歩き」で味わうことができた。

 奈良県五條市までは少し遠過ぎるが、かつて行ったように、近
くの人や催しを訪ねる「メダカの学校の遠足」にまた行きましょ
う。私たちの三遠南信地域と周辺にも、何度も訪ねたくなるおも
しろ人間や病み付きになる秘密の場所がいっぱいあります。
暑さや寒さに負けずに出かけましょう。

以上 松本芳廣著

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。