しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
協働推進人づくり塾中級編(その3)
これまでKJ法によるワークショップをもっぱらやってきた

自分にとって刺激的な話であった。世古さんはこのKJ法の弱点も突いた。

「今持っている意見出し、そこからの現状把握には向いているけども新たな

考えの引き出しには向かない。出された意見が全てだから」と言う。



例えば町の開発の議論にX軸にかかる費用の大少、Y軸を開発の規模の大小と

した時に「開発規模が大で費用が少ない」部分の意見は殆ど出ない。

皆が思いもつかないからだ。そこを引き出す。

意見のコントロールに当たらないのかと会場から質問が出る。それは誘導では

なく指摘だと切り替えした。「つぶやきを意見にする。意見を出すべき必要の

ある領域があればそれを指摘する」



となると、先の例では「費用をかけるとすれば区画整理、費用をかけずに時間

をかけて手を入れていくなら地区計画か」ぐらいの基礎知識がないと務まらない。

グループワークに参加する者にあまり知識がない場合には有用な意見が出てこない、

その時にどうする?

情報共有のワークショップをするといいとのアドバイスがあった。



ファシリテーターの技術だけでなく、取り組む題材についての相当な予習も必要だ。

これが議事進行役の延長と捕らえていたらしい多くの受講生たちにはショックだった

のではないかと思う。



「グループファシリテーターから出されてくることを整理し全体意見としてまとめる

こと、そして全体の進行を指揮する全体ファシリテーターをある程度こなせないと

上級編には進めない」との言葉に進級を希望する手は挙がらなかった。

3,4人はできるであろう人がいたが、その人達だけで上級編をとなると県委託事業で

ある手前ちょいと難しい。



ということで、1月に受講生と当協働推進人づくり塾事業の受託のNPO法人で協働

して企画運営するフォーラムを計画することの実務的中級編その2を開催することに収まった、

 ヤレヤレ。次回の12月2,3日がまたまた楽しみだ。(おしまい)

s

スポンサーサイト
腕きき事務局長を全国公募します。【転送歓迎】
平成14年夏、静岡県大井川沿いになる町営川根温泉の支配人全国公募をしました。

由布院温泉観光協会・旅館組合事務局長全国公募のノウハウを入れ込んだものでした。

282人もの応募があり、映像機器の老舗メーカーの「エルモ」の社長であった人が選ばれました。

2年間川根町にご夫婦で移り住み、川根温泉の施設そして経営基盤を盤石なものにしてくださいました。

町民に氏を慕う者多く、その志が根付いています。

さて、今度は伊豆稲取温泉観光協会の事務局長の全国公募です。

新聞社の人に聞かれました、「なぜ全国公募するのですか?」

「活性化するには、外から活性ガスが必要なのです。」


組織と人間の問題に正面から取り組み、厚い情報の中からしっかりとした

企画をつくり、関わる人たちとの議論を重ね、万人納得の企画に練り上げ、

実行する能力を持ち、人間的魅力を備え、人との関係をきちんとおさえる

エネルギーの持ち主の名乗りを鶴首にてお待ちしております。


稲取温泉まちづくりに個人的にお手伝いする者として募集要項を書きながら、

こんな人おるんかいなと思いつつも、かくありたいとの希望を込めました。


11月21日県内各紙に記事が出ました。事務局には40件ほどの問い合わせ

が寄せられたのこと、来年2月4日の選考会が楽しみです。
協働推進人づくり塾中級編(その2)
次は前回やったウイッシュポエムをやろうと言うのだ。

「わたしのまち、○○○○○○まちであってほしい」の○○を書き入れて、

それを出し合い、テープでつなげて詩にして、題をつける。

その詩を最後にパフォーマンス付きで読み上げて発表するというものだ。



 中級編はそれだけに留まらない。○○○であって欲しい言葉から課題を

 読み取れと言うのだ。

 課題を書いたポストイットを類型化するように前に張り出された模造紙上

 に整理していく、この全体ファシリテーターは世古さんが務めた。

 ウイッシュという意見を課題へ言語化することの訓練だ。

 受講生がポストイットを読んで貼り付けようとすると、

 「それは問題でしょう、課題になっていませんね」「何言っているのか

 さっぱり分かりませんね」と容赦ない突っ込みにあう。

 もともと課題と問題を区別できていない。目的があってそれを実現するため

 の目標を立てる。現状を把握してその目標との差を埋めるようにすべきことが課題なのだ。



この時の世古さんのやり方が参考になった。タイトルをA4の紙の上にポストイット

に書いて貼り付ける、そのタイトルに合うもの個々の課題を貼っていく、その範疇に

なければ即座に新たなタイトルを書いて別のA4台紙を用意する。

外れた意見に対応するために「その他」の台紙を用意するのもポイントだ。

この台紙があると、重要性 や緊急性等の視点で課題を階層化する場面では台紙ごと

移動すればいいので効率的だ。

この作業は多くのバラバラな意見を小項目、中項目、大項目に構造化していくことそのものだ。



更に、世古さんは言う「個々の意見の本質、主意を的確に掴み、本人よりも適切かつ分かり

やすく修正する。個々を類型化してタイトルをつけ情報の整理、そして構造化する。

これが協働コーディネーターの重要な役割」だと。

これはただ講習を受ければ身につくというものではないな、かなりの頭脳が必要だ。

そこに世古さんの言う「協働コーディネーターはりっぱな職能だ」ということがよくわかる。人づくり塾2

協働推進人づくり塾中級編(その1)
協働推進人づくり塾中級編がスタートした。「協働の基本、

協働コーディネーターの役割を学ぶ」初級編には110名ほど

の参加があったが、2日間にわたる中級編に臨んだのは38名

であった。

20から30名位を予定していたが講師の世古一穂さんの講座

内容に魅力あってか予定枠を大きく上回った。

今回は「グループファシリテーターや情報整理の手法を学ぶ」

である。グループワークが主になるので、まずはグループ分

けから、前回同様に1月1日生まれから壁際に並ぶ。

1から7までの点呼が進み、言った番号ごとにグループ席に着く。



さっそく属性確認のための旗揚げ表示「1、行政」

「2、NPO」「3、中間支援」構成員のバランスを見て人の

入れ替えが行われる。実際のグループワークにおいても必要な

作業である。



早速、カードに自分を紹介することを5つの項目ごとに書き、

これを38人一人づつ発表していくのだが、この自己紹介項目を

類型化してグループ発表せよと言うのだ。グループワークに入

る前に旗揚げで意思表示、「1、ファシリテーターをやりたい」

「2、頼まれたらやる」「3、絶対いや」これで瞬時にファシ

リテーターが決定。



ファシリテーターはまずは進行方法を説明する。ばらばらに

繰り出される意見を翻訳しつつ客観的な言葉に置き換え、構造

化していくのである。報告書で言うところの小項目、中項目、

大項目、タイトルづけといった整理なのである。そして進行

管理も。たかが4人グループのファシリテーターじゃないか

なんて簡単に引き受けようものなら、大変なことになる。



「ファシリテーターの役割は、意見のコントロールではなく進行

 のコントロール」と言われ、それを司会進行的な役回りとの理解

 が破壊された。



 さて、自己紹介の類型化だがXY軸でとの例を示されたので、

 それを時間軸と公私軸で発表内容をプロットしようとしたがなか

 なか上手くいかず発散する。Z軸も必要なのだろうが、ますます

 わからなくなりそうなので諦めた。

 結局、「公私」「過去未来」「収支」「見えること見えないこと」

 で整理すると発表したが、モヤッとしていた。

 単純に分けるとすれば、言った事をそのまま「家族」「仕事」

 「個の活動」「思っていること」・・・とすればいいが、分析を

 するとなるとそんな単純なわけにもいかないだろうと唸っていた。



グループ発表を終え、世古さんのグループ分けの披露となった。

A4の紙の上にタイトルが付いていた。1プライバシー公開型 

2仕事紹介型 3活動紹介型 4生き方・心情紹介型 5人生紹介型

 6その他 なるほど発表者そのものを類型化かぁ、なるほど面白い。

どれに該当するか自分の名前を書いたポストイットを貼ると

6その他の紙上に貼られたのは1枚のみ、うまく仕分けられた。

3活動紹介型に貼る方が多かった、なるほどNPO関係者が多い

ことが現れている。これが趣味の会だと5が多くなるとのこと、

この仕分けでその集団の性格が分かる。(つづく)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。