しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
200606<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200608
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大相撲観戦の巻
四股を踏み気合を入れるため、胸、顔をはたく、顔は次第に険しく

その体はみるみる朱に染まっていく。テレビで見る土俵に上がって

から相撲をとるまでの行為は長く退屈に感じるが、実物はその感は

ない。四股で上げた足が一直線に天井を向く。塩を撒き上げ、摺足

で仕切り線に寄る。制限時間いっぱい、手を着き腰が上がりぶつか

り合う。



今回初めて升席で大相撲名古屋場所を観戦してみた。あの升席で飲

み食いしながら相撲を見ることに憧れていた。13日目の取組、スタ

ートは10:30序ノ口、序二段、三段目、幕下ここまで97もの取組が

あって、14:30十両土俵入り、化粧回しをつけて東西それぞれの力士

が土俵に上がりぐるっと回ってお披露目をする。十両の取組が18番

あって、いよいよ幕内が土俵入りするのが15:50、横綱は単独で化粧

回しではなく真っ白な綱を締めて土俵に上がる。そして、右手を広げ

左手をわき腹に当ててせり上がる「雲竜型」で土俵入りした。

16場所も優勝している朝青龍のそれは威厳に満ちている。

結びの一番、魁皇との取組は予想通り横綱に軍配が上がったが、それ

でも座布団は舞う。千秋楽では白鵬が手に汗握る攻防の末、勝ち、

TV画面いっぱいに座布団が舞い回った。“砂かむり”の人は心しな

いとちょいと危険かな。



さて、相撲観戦にはまずチケットをインターネットで確保、升席で売

られるので4人の観戦仲間を確保する必要あり、一人11,300円也。弁当

お茶の申し込みを受け付けているので、持ち込み禁止と思い注文、2,200円。

でも会場に行けば売っているので無理に注文する必要はないし、持込んだと

しても咎められることはない。弁当価格もロング缶ビール600円も市場価格

の2.5倍。次回は絶対持込もう。



人が入り始めるのは十両土俵入り頃から、それまでは隣が空いていれば、

そこにいればよし、升席に大人4人はちょいと苦しい。“砂かむり”がいい

けど席料の高さもさることながら、席での飲み食いはできない。

どうです、お昼頃から升席で大相撲をバックに宴なんぞ。



溝口久 

しずおかグリーンツーリズム研究所  主任研究員
  浜名湖えんため(環浜名湖の観光振興を考える会)顧問

sumou01

sumou02

スポンサーサイト
よろしければどうぞ 協働のお話
行政の計画には必ず「協働」。
「何やらわからんけどキョウドウしたほうがいい」なんてムード

でも行政、NPO、企業 それぞれ文化も価値観も違う組織が手を取り合うことは
容易じゃない。

昨晩、県土木部の協働事例発表会実行委員会があった。
3回目になるこのイベントを出先の土木事務所を主体にそこで推薦されたものを
発表するという企画。
出先の土木事務所職員の強い抵抗に唖然とした。どうやら仕事が増えることより、
現場に近い土木事務所で民間の人たちと協働について議論して、自慢の協働事例
を押し立ててくることに大きな不安を感じているようだ。
いかに住民の方々と”対話”することに慣れていないかが伺えた。

由布院の中谷健太郎師匠の
「公務員よ 席を立って マチに出よう そこには普通のみんなが待っている」
(普通のみんなというのは、業界のみんなではないという意)
の言葉が思い浮かぶ。

今年春、「協働ガイドブック」なるものを作りました。
早速、話をしてくれとのリクエストが入りました。
7月8日(土)19時から藤枝市です。

よろしければ お出掛けください。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。