FC2ブログ
しずおかグリーンツーリズム研究所
大魔神「Q」の旅や思いをつづるコラム
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松を舞台に今年1月から2月にかけロケをした映画「天まであがれ!!」の封切が迫ってきた。先日5月22日にはロケに参加した子どもたちとその親、ロケ応援団、スポンサーを招いての試写会が行われた。私は母と一緒に出かけた。自宅が主人公宅になり、それがどんな風に映画になったのか見せたかったからだ。



中田島砂丘を舞台に少年天馬が亡き父との凧揚げをする夢の場面からスタート、夢から覚めた天馬の部屋が見慣れた四畳半和室、そして朝食場面。カウンター
式キッチンには“伊藤かずえ”が立っているではないか。母は興奮気味に我が家が出ていることを言っていた様だが、「シッー」と制した。



2回目ととなる試写、今回は泣けた。3月の完成内部試写会の時には、家がどんなふうに映像になっているのか?エキストラとして自分は映っているのかを気にしていたので、集中できていなかった。映画は3回見ないとわからないと言われたことが、よくわかる。次は封切り当日に、たまたまその日に来られる由布院からの二人の客人を案内して見ようと思う。



試写が終り、舞台前に参加した子どもたちが並び感想を言ってくれた。

「感動した!」「楓ちゃんが失恋し泣いている場面にもらい泣きしてしまった」「ロケで笑いのカットにばかりを目にしてきたので、まさかこんなに感動的にできているとは思わなかった」そして最後に皆で「天まであがれ!!」と叫んだ。



映画は作るのが目的じゃない、見ていただくことに他ならない。

さて、その封切。6月17日(土)TOHOシネマズ浜松(ザザシティ)が決定!前売券は、大人1,300円(通常1,800円)です。初日には主要キャストによる舞台

挨拶とザザシティ内における歓迎イベントが予定されています。
是非お越しをお待ちしております。「皆で、観に行かまいか!」
前売り券欲しい方、どうぞお申し出ください。手渡しできるかたは対応します。
無理なら後日のメール便で、売り場をお知らせします。
公式ホームページ http://www.yaramaika.tv


 監督は、新進気鋭の横山一洋。アメリカでの修行後、初の映画制作。アップテンポでコミカルな演出、ジワーとくる人暖かさも十分に堪能できます。
伝説の凧揚げ名人のじいさん役に宍戸錠、少年天馬の従姉の溝口楓役に静岡出身で「蝉しぐれ」でブルーリボン賞にノミネートされた佐津川愛美。天馬役の鈴木達也とも将来きっと大きく花開く予感がある二人です。天馬の父役は浜松出身の元Jリーガーの武田修宏も登場。どうでもいいけど、私も地元板屋町の法被を着てエキストラで登場です。気付いてもらえるかなあー。

※写真は①中田島砂丘で天馬と父役の武田が凧を揚げているシーン(凧はどこにある
かって?そこが映画なのです)②ロケ地浜松市立高校同窓会館での天馬と楓と旅館の板前
tenmade1



tenmade2


スポンサーサイト
山口・大分の旅2004.4.29~5.2(その4)
豊後高田を後にした我々は宇佐市にある伝承食工房「とうがらし」を目指した。
たんぼの真ん中にあるガルバニウム板と木を使った目を引く斬新なデザインのその中には現代キッチンと竈、麺打ち台、半地下の貯蔵庫、外にはバーベQグリルがある。

そこの主、金丸佐佑子さんはこの工房の名の意味を言う。
「幼い頃、祖母や母から“唐辛子の立派に育つ家は栄える”と聞かされてたんよ。
緑の葉は佃煮や味噌漬に、青い実は柚こしょうに、赤く熟れた実は冬の白菜漬、
春の高菜漬、そして夏の糠漬に使うんよ。つまり唐辛子の出来は一年の台所
仕事を左右する=家事を大切にすること」。ここは金丸さんが食文化を研究する私的な場なのだ。
7年前、湯布院からこの「とうがらし」のお披露目会に向った。ゲストは醗酵学で
有名な小泉武夫先生、竹と食をテーマに3時間ぐらいお話してくれた。
そのお話をまとめたものを金丸さんに送った。録音していたはずだったのが、
しくじったらしく彼女の手元に記録がなかったことがあって、とても喜んでいた
だいた。その時からのご縁である。年1回は必ず顔を出している。
 
「今日はイワシの糠床炊きを用意したけん。イワシを糠床で炊く、味を引き
締めるために山椒の実を入れちょるんよ」。飯ダコの煮付けに竹の子とイカの炊き合せ、山椒、唐辛子はじめ香辛料の使い方が実にうまく、どれもこれも美味しくいただいた。そのうち、隣の安心院町の葡萄で作った自家製ワインも出てきて、一気に昼食が盛り上がった。ちょっと舌に刺激があるワインである。
「溝口さん、帰ってきて、このとうがらしやってみない?」と本気かどうかわから
ない事をよく言ってくれる。「でもねえ そしたら酒工房、がんばっても蕎麦食
工房になっちゃうから伝承食工房の維持には力不足で駄目ですね。」
酔いがそろそろ廻りかけた頃、とうがらしを後にし湯布院に向った。
折しも湯布院では「スローフードジャパン」設立に準備が進んでいた。(後半の旅に続く)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。